舞台オタはマイルで遠征する

Wicked観劇遠征のために陸マイラーになった舞台オタク。次回遠征は2019年香港マンマミーアの予定。

【オフステージトークレポ】8月31日 オペラ座の怪人静岡

8月31日 オペラ座の怪人 オフステージトークレポ
今回は四季の会会員のみなので参加者は少なめ。受付はガラガラでした。
f:id:diehexen:20180904232843j:plain

ムッシューレイエ深見さんが司会で。マダムジリー秋本さん、ファントム佐野さん、クリスティーヌ苫田さん、ピアンジ山口さん、カルロッタ河村さんの豪華メンバーでした!!シンガーさんばかりだと思ったけどオペラ座だから主要キャストはお歌の人ですよね(笑)
苫ちゃんが2016年美女と野獣のころアルプのインタビューで着ていた黒いオフショルダー。河村さんが8月9日のバクステでも着てた白っぽい花柄のガウチョパンツ。

事前に質問を記入する紙が配られてイベントが始まる前に箱に入れました。
スタッフの用意したお題2つに答えたあと、箱から質問用紙を取り出す形式でした。
お題は
(1)私だけが知っているオペラ座の怪人ここがすごい
(2)私だけが知っている静岡のここがすごい
深見さんからの呼び方がそれぞれ河村さん「彩」山口さん「ぐっさん」苫田さん「苫田くん」佐野さん「まさ」秋本さんがなんだったかな。

私だけが知っているオペラ座の怪人ここがすごい

河村さん「ハンニバルのカルロッタの衣装がとても重い。上1キロ、下7キロ合計8キロある」
山口さん「音楽」
苫田さん「床山(ヘアメイク)さんと衣装さん。かつらのピンがほんの少しずれてしまって舞台袖にはけたとき普段はいない床山さんがそこにいた。衣装さんが舞台袖でずっと見ててわずかな崩れもチェックしている。小さなピンがずれたのも見逃さない。」
ピンが落ちると床の中の機械が壊れてしまう恐れがあるので探すそうです。
苫田さん「クリス早着替え。The Point of No Returnからウェディングが1分」
秋本さんはマダムジリーで出演されてるけど以前メグジリーをやっていたので両方の話題を出していました。
秋本「メグは13秒の早着替えがある。支配人のオフィスからイルムート」
河村「昔手伝ったが自分の役より着替えの方がドキドキした」
スタッフだけでは手が足りないので舞台に出ていない役者も着替えを手伝うそう。河村さんの話はアンサンブルで出演した時の話。
あまり裏でドキドキしてるとか言わない方がいいね。でももう言っちゃったね。とたしか佐野さんと深見さんが話されてました。
イルムートで宝石箱持ってるのメグなんですね!?知らなかったです。今度注目してみよう。

佐野さん「ロイドウェバーの音楽の素晴らしさ」
3分くださいと言って話し出す。難しすぎてぜんぜんわからない(笑)
The Music of the NightとAll I Ask of Youの譜面が違う。横浜開幕前のインタビューで語られてた内容なんだけどググっても分からない。
開幕間近!『オペラ座の怪人』稽古場&キャスト取材 (全文) [ミュージカル] All About

例えば、譜面を見ないとわからないことですが、“静かに 広がる闇……”と歌う、(ファントムがクリスティーヌへの愛を歌う)『ミュージック・オブ・ザ・ナイト』というメインの曲がありますが、これがシス・ドゥア(Cis-dur 嬰ハ長調)で書かれているんです。譜面で見るとファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シと、シャープが7個もついている。シス・ドゥアの譜面って、なかなか無いんですよ。シ・ミ・ラ・レ・ソのフラットのデス・ドゥア(Des-dur 変ニ長調)にすればいいものを、なぜかシス・ドゥア。いっぽう、一幕の最後の(クリスティーヌとラウルの愛のデュエットである)『オール・アイ・アスク・オブ・ユー』はデス・ドゥア。同じ調ですが、フラットが5つです。どうしてこちらがフラットで前者がシャープかというのを僕なりに考えると、シャープ系の調とフラット系の調では、聞こえ方が違うんですよね。フラット系の方が温かく、シャープ系というのは鋭い調に聞こえるんです。だからロイド=ウェバーはあえて緊張感を持たせるために『ミュージック~』をシャープ系で書いたんじゃないかなと、僕は勝手に想像しています。


佐野さんが饒舌ですごい熱量で語られていました。楽しそうで良かった。

私だけが知っている静岡のここがすごい

河村さん「魚が何を食べてもおいしい」
山口さん「昨日おでんを食べた。歴史が好きで駿府公園の発掘現場を見てきた」
城下町だから地名などに歴史が残っている。鷹匠とか呉服町とか。佐野さんと盛り上がっていました。
苫田さん「静岡出身者はいい声。佐野さんまっすん(増田守人さん)鈴木(涼太)さん」
高井さんや村さん(生まれは九州だけど静岡って言ってる)の名前も上がってました。
佐野さん「人が良い。牛丼屋でごちそうさまと言って帰る。東京では見れない」ごちそうさまって言う?と聞かれて苫ちゃんか河村さんが「言う」と答えてました。
佐野さん「蕎麦がうまい。静岡の蕎麦はあまり知られていない。徳川慶喜が静岡に来る時江戸から蕎麦屋がたくさんついてきた。この近くにも慶喜公が食べた「安田屋」がある。」
テレビでも八兵衛のお蕎麦食べてましたね。秋本さんがお水も美味しいですからねと相槌。
秋本さん「富士山が近い。富士山が好きで関西の実家に帰るときいつも新幹線はE席(富士山側)を取って見ている。全国公演で御殿場に行ったときは楽屋を出ると目の前に富士山が見えて感動した。」

お客さんからの質問

深見さんが箱から紙を取り出して読み上げる。
名前はペンネームでOKだったのに手を挙げるよう言われてました。深見さんそれじゃペンネームの意味ないですよ。

役のどういうところが好き?やってみたい役は?
秋本さん「メグをやっていたときお母さんいいなと思っていた。」
佐野さん「メグやってマダムジリーやってる人他にいる?」
世界でもいないんじゃないか。ギネスに登録しないとと盛り上がってました。

河村さん「男だったらユダ(ジーザスクライストスーパースター)」

苫田さん「やりたい役は全部やってる」
河村さん「シラバブ(Cats)やりたいって言ってなかった?」
苫田さん「そうだシラバブやりたいんです」
ソンダンでやって欲しいですね。

山口さん「シェフ(リトルマーメイド)」
衣装が入らないんじゃないかという話しに。

客席の顔は見えているか?
苫田さん「見えない」
佐野さん「この作品だと見えない」
河村さん「ハンニバルだと2列目くらいまで見える」
静岡オペラ座はかなり客席が明るいんですがそれでも見えないんですね。
泣き顔が見られてるか心配されてたので、安心して泣いていいですよとの事でした。

マチソワの間はどう過ごしているか
河村さん「ゆっくりご飯を食べるか、シャシャッと食べてロビーでゆっくり」
山口さん「メイクに時間がかかるのであまり時間がない」
苫田さん「床山さん衣装さんとおしゃべり」
秋本さんと同じ楽屋なんでしょうか?
佐野さん「メイクを取ってご飯を食べてメイク。30分くらいしかない。ビーストの時はもっと時間がかかったので15分しかなかった」
ファントムも美女と野獣のビーストも特殊メイクだからたいへんだそうです。
秋本さん「ゆっくりご飯を食べている」
何でリフレッシュしてるとかを聞きたかったのではないかと思うんですがみなさんそろってご飯という答えでした。苫ちゃんくらいですね。

この辺りで深見さんが切り上げようとして佐野さんがあと2問やろうと言ってくれた。

メモが消えちゃっててここから先はうろ覚えです。
子供の頃聞いていた心に残っている曲(孫に聞かせる参考にする)
秋本さん「小さい秋」
佐野さん(名前で覚えてない、懐かしい感じの歌手。苫田さんも知らないそう)
山口さん「歌うとおばちゃんがお菓子をくれた。歌うの楽しい」
河村さん「北酒場。全然歌えないんだけど「にはー」だけ歌ってた」
深見さん「全然参考になりませんでしたね」

体力づくりのために何かエクササイズはしているか
河村さん「喉をよく使うから鍛えている。スクワットする。大きい筋肉を使うから」
佐野さん「毎日走っている。最近は朝暑いから公演後5キロ。休みの日は10キロ」
深見さん「この前ホテルのロビーで曇ってるけど行くのか聞いた。出たとたん雨が降ってきた」

サイン入りポスター抽選会

出演者のサイン入りポスターを抽選で5名にプレゼント。
深見さん以外のメンバーが1枚ずつ紙を引いて当たった座席番号を読み上げる。その場で立ってスタッフさんがポスターを手渡してくれました。
真後ろの人が当たっていて羨ましかった!
9月7日のファイナルオフステージトークでは20名に当たるからみなさん来てくださいとの事でした。いまみんなでサインを書いているそうです。
帰りがけに外の看板の前でポスターを広げて記念撮影されてる方がいらっしゃったので写真を撮らせていただきました。この日のイベント出演者だけかと思ったら全員分のサインが入っていました。


長いようで短かったオペラ座静岡公演もあと残すところ3週間!あの分厚かったチケットの束も残り2回分になってしまいました。千穐楽までキャストやスタッフの方がたが元気に過ごせますようにお祈りしております。

diehexen.hatenablog.com

diehexen.hatenablog.com

diehexen.hatenablog.com

diehexen.hatenablog.com

diehexen.hatenablog.com

diehexen.hatenablog.com